ブラインドタッチは無理だと思ってた、あの方法に出会うまでは!

 近年、パソコンを使って文書作成する場面が業種を問わず、ブログも含めて非常に増えてきました。

 でも伝えたい文章は頭の中にリズム良く浮かんでくるのに、いざタイピングしようとするとキーボードで打ちたい文字を必死に探してからポチッ、また次の文字を探してからポチッ。手元ばかりが気になって全然作業が進まないって方はとても多いと思います。

もしかするとあなたもそうではありませんか?

 手元のキーボードを見ず画面だけを見てひたすらカチャカチャ打つ、あのブラインドタッチが出来る人を見るとめちゃくちゃ憧れますよねぇ。

 実は私もブログを始めた頃はタイピングが超遅い一人でして、一文字打つのにとても時間がかかってました。出来ることなら、手書きで投稿させて欲しかったくらいです。笑笑

 それでもまぁ、ブログは手書きというわけにもいかないので、なんとかキーボードとにらめっこしながらタイピングしてました。

 でもやっぱりタイピング遅いし全然作業が進まない、しかも恥ずかしながら片手打ちだし。

 素人頭で、下手なタイピングも数打ちゃ上達すると思ってましたが全然上達せず、半ば自分にはセンスが無いんじゃないかと諦めていました。

 それが偶然あのタイピング練習サイトに出会ったお陰で激変!たった2~3日で多少はキーボードを見てしまうものの、片手でポチ・ポチだったのがゆっくりながらも両手でカチャカチャ文字を打てるようになったんですよ。嘘のようなマジで本当のはなし、自分でもびっくりでした!

 今思うとタイピングが上達したければ闇雲に文字を打つのではなく、タイピングの正しい知識と正しい練習が一番の近道だったんですね。(もっと早く出会っていれば、こんなに遠回りしなくて済んだのになぁ) 

 今から紹介するサイトなら正しいタイピングの知識がとても分りやすく学べますし、正しいタイピングの練習もストレス無く楽しく実践できます。もちろん完全無料ですし会員登録の必要もありません。必要なのは「ちょっと試してみようかな」の軽い気持ちだけで十分。

 パソコン初心者でこれからタイピングを覚えたい方や全然タイピングが上達しなくて悩んでる方には是非ともおススメのサイトです。

片手でポチ・ポチの私でも上達できた「my typing」 

サイトより出典

 今回紹介する「mytyping(マイタイピング)」はパソコン初心者や学校の授業など幅広い場面で利用されている無料タイピング練習サイトです。

 沢山の練習メニューが揃っているので、飽きることなく練習できます。基本練習に慣れてきたらいろんなメニューにも挑戦してみてください。

では早速、基本を学んでみましょう。

 mytypingに行く

 

サイトより出典

上画像のようにトップページ内の「ひよこでも出来るタイピング練習講座(赤線で囲ってるところ)」をクリックするとタイピング上達(ブラインドタッチ習得)への第一歩が始まります!

 

サイトより出典

 第一歩を踏みこんでもらうと、ページ内に上のような目次が現われます。大きく分けて四つの章で構成されていて三つ目まではタイピングについての基本学習になります、ここでしっかりと正しいタイピングとは何かを理解しましょう。

 正しいタイピングが理解できれば、次はいよいよ四つ目の章「実際にタイピング練習をしてみよう!」です。ここでは基礎編・習得編・特訓編と三つに分かれます。

タイピング練習(基礎編)

サイトより出典

 言うまでも無く基礎編から練習開始です。基礎編は指とキーの位置関係を体で覚えるための練習です、九つのメニューがありますがどれも重要な練習なのでしっかりと練習してくださいね!

 下の画像が実際の練習画面です

サイトより出典

 画面にキーボードと打つべきキー及び使うべき指が表示されてるので手元のキーボードを見ないで練習ができます。それにより自然と指とキーとの位置関係が体で覚えるようになるってことです。この基礎編を2~3日実践するだけでも、かなりタイピングのレベルがアップするのを実感するはずです。

 本当に片手でポチ・ポチだった私がこの基礎編を2~3日、パソコンを開いた時には必ず実践した結果、両手でカチャカチャまでレベルアップしたんですから。

 レベルと言えば、どの練習でもタイピングスピード、タイプミス等によるスコアが出ます。それにより各練習において合格不合格の判定が出ます。不合格なら合格できるまで何度も挑戦しましょう、また合格すればスコアをランキングに登録できるので、他のmytypingユーザーとスコアを競う事も出来ます。これ結構やる気でますよ!

タイピング練習(習得編)

サイトより出典

 基礎編に慣れてきたら習得編も練習していきましょう。ここではひらがな50音+濁音・拗音の打ち方を練習します。自分は「ローマ字入力」ではなく「ひらがな入力」だという方は、この機会にぜひローマ字入力に変えるのをおススメします。

タイピング練習(特訓編)

サイトより出典

 基礎編・習得編に慣れてきても、どうしても苦手な指ってあると思います。そんなときは各指にメニュー分けされたこの特訓編で徹底的に練習しましょう。ちなみに私は小指が結構苦手なのでまだまだ特訓が必要です。

さいごに

 ブラインドタッチ習得は決して特別な能力が必要ではないことが分ってもらえたと思います。正しい知識を持って正しい練習をすれば誰でもタイピングのレベルは上がりますしブラインドタッチ習得も遠い夢ではないんです。

 ただ、人の脳は忘れるように作られており、サボると直ぐに忘れちゃいます。ですから文書作成や記事作成を長期間しない時でもこまめにタイピング練習だけはしておくといいですよ。

さいごまで有り難うございました。

こちらの記事もおすすめ